リリー・フランキー 銀幕デビュー・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリー・フランキー 銀幕デビュー


 ドラマ化、映画化が相次いだ人気小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を生み出した作家リリー・フランキー氏(43)が今度は映画に初主演する。「ぐるりのこと。」で、本格的な銀幕主演は初めて。ひょうひょうと生きる法廷画家を演じる。4月3日にクランクインを控え「今からシビレきっています」と意気込んでいる

 これまでに自主製作映画「盲獣VS一寸法師」(04年)で主人公を演じたが、本格的な劇場公開作品に主演するのは初めて。撮影は4月3日から約2カ月間行う予定で「行き過ぎる日常を、濃密に、いとおしく描き出す橋口監督の作品に参加できること。その喜びと緊張に今からシビレきっています」と意欲満々だ。

 一方、翔子役の木村も映画主演は初めて。「大好きな監督の世界観の中で自分がどうなるのか楽しみです」と心待ちにしている。来年公開予定。

 

リリー・フランキーさんって「東京タワー」が出るまでは、

Hなおじさんとしか思っていなかったら、

実は色々な才能を持った方だったんですね。

どんな俳優ぶりか楽しみです。

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/3089783/

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。