たけしの「点と線」・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たけしの「点と線」


松本清張の代表作の「点と線」を北野たけしさんが、監督ではなくて俳優として出演するそうですね。

もともと監督としてやっている彼だけに、監督の言いたい事なんかすごく理解するんでしょうね。

北野たけしさんの「点と線」すごく楽しみです。

大ベストセラーとなった松本清張の長編推理小説「点と線」が初めてテレビドラマ化され、テレビ朝日系で今秋放送(2夜連続予定)されるが、古参の中年刑事、鳥飼重太郎を演じるのが、ビートたけしだ。清張作品とは“相性”がよく、これまでの主演作は高視聴率を獲得している。

 福岡の海岸で男女の心中死体が発見され、福岡と東京の刑事が2人の死の謎を追う。出版された当時、東京駅の13番線ホームから14番線を隔てた15番線ホームが、わずか4分間に限って見通せるという事件の謎を解く鍵が評判を呼び、清張作品の中でも最高傑作といわれている。映画化は昭和33年。小林恒夫監督のもと、南広、山形勲、高峰三枝子、志村喬、加藤嘉らが出演して、日本の北と南を結ぶ点と線を推理。事件のトリックを発見していく様子をスリリングに描いた。

 いまや映画監督の北野武として世界的にも有名になったたけしは、ドラマには5年ぶりの出演となる。清張作品とは縁が深い。平成14年3月、清張没後10周年企画として放送された「張(はり)込み」が20・7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。同年10月に放送された「鬼畜」は21・5%(同)と、いずれも高視聴率を記録している。

 たけしは「何時何分にどうしたとか、すごくせりふが細かくて覚えるのに必死。覚えたと思ったら、今度は博多弁でやってくださいといわれたり…」と久しぶりの俳優業に戸惑っていると話す。スタッフによると収録の合間は終始寡黙で、独特の存在感を示しているとか。

 「定年間近の刑事役だから、減量してかなり顔の肉は落とした。今回のドラマは、クセのある頑固者というキャラクターがちゃんと作ってあるので入りやすい。現場では監督の言いなり。役者に何か言われたらコノヤロウって思うからね。それがわかってるから絶対服従」

 そう笑いながら演じることを楽しんでいるようだ。

 物語は、事件の背景と殺人の動機に「汚職事件」という社会性を盛り込むなど斬新な内容。北は札幌から南は福岡まで舞台が広がる原作同様、日本各地で8月中旬までロケが続けられる。(松本明子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070719-00000104-san-ent

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。