北朝鮮カンヌに初出品・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮カンヌに初出品


北朝鮮が、カンヌに映画を初出品したそうです。

気になる内容は・・度肝を抜くようなものではなくて、

案外ありふれています。

詳しくはこちら

【カンヌ(仏)23日】フランスで開かれているカンヌ国際映画祭に北朝鮮の映画が初めて出品され、謎に包まれた北朝鮮の実情を探る一助となるのではないかと注目を集めている。学校生活を通して少女の日常を描いた「ある女子学生の日記」で、北朝鮮で昨年制作された2本の映画のうちの1本だ。
 映画は、少女が友人関係や家族の問題で悩みながら成長していくという筋立てで、世界のどこにでも転がっているようなテーマを取り上げている。主人公の女子学生は、研究者の父親が仕事に没頭するあまり、留守がちであることに不満を抱いていた。しかし、母親ががんで倒れ、父親がコンピューターの難問を解析すると、自分がわがままだったことに気づくという内容。
 昨年9月の平壌国際映画祭でこの映画を購入したフランスの配給会社プリティー・ピクチャーズの担当者は「単なるプロパガンダ映画ではない」と評価した。
 金正日総書記も脚本と編集にかかわったとされ、北朝鮮では昨年、国民の3分の1に相当する約800万人が鑑賞したと伝えられている。年内にフランスで公開される予定。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000211-jij-ent

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。