中村勘三郎 所得隠し・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村勘三郎 所得隠し


あの、人気歌舞伎俳優の

中村勘三郎さんが所得隠しを東京国税局が指摘したそうです。

 

歌舞伎俳優の中村勘三郎=本名・波野哲明(のりあき)さん(51)が、架空の人件費を計上するなどして、2005年までの3年間に計約2000万円の所得隠しを東京国税局から指摘されていたことが分かった。

 経理ミスも含めた申告漏れは約7000万円で、追徴税額は重加算税などを含め約3000万円。勘三郎さんは修正申告した。このほか、いずれも歌舞伎俳優で、勘三郎さんの長男の勘太郎さん(25)、二男の七之助さん(24)も申告漏れを指摘された。

 関係者によると、勘三郎さんは05年3月に十八代目「中村勘三郎」を襲名したのに伴い、多額の祝儀を受けていたが、架空の人件費を計上する手口で所得を圧縮して税務申告していた。また、勘三郎さんらの後援会で、歌舞伎公演チケットをファンに販売している「若鶴会」(東京都中央区)も、販売手数料などの収入をほとんど申告していなかったとして、同会の代表が05年までの3年間に計約1億3000万円の所得隠しを指摘された。同国税局は、チケット販売業務を代表の個人事業と認定したという。代表も既に修正申告している

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000104-yom-soci

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。