水樹奈々 テレビ出演?・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水樹奈々 テレビ出演?


水樹奈々さんて、すごい人気なんですね。

アキバ系というんですか?

声優らしいけど、私は良くわかりません。

詳しいことはこちらで、

先日、声優の堀江由衣さんが音楽バラエティ「HEY!HEY!HEY!」出演を果たしました。最初その話を聞いた私は「いったい"ほっちゃん"の心境にどんな変化が?」と非常に驚いたものです。実は私は、彼女が以前同番組からのオファーを断ったことがあるという話を聞いていたのですが、それだけに今回の出演は本当に意外でした(断った詳しい理由は不明です)。いよいよ声優も本格的に世間に打って出る時代が到来したいうことなのでしょうか。今回はそんな声優の顔出しTV出演の事例を「HEY!HEY!HEY!」を参考に考察してみます。

■水樹奈々(生年月日:1980年1月21日)

「HEY!HEY!HEY!」出演年月日(2005年10月31日)

●ランクインCD解説
2005年10月31日付オリコンシングルチャート2位に「ETERNAL BLAZE」がランクイン。同曲はTVアニメ「魔法少女リリカルなのはA's」OPテーマ。水樹さんは、同番組のキャラクター「フェイト・テスタロッサ」の声優として出演。ちなみに1位はDEF.DIVA(※1)の「好きすぎて バカみたい」(※2)。

この声優個人名義による「オリコンチャート2位」という記録は、シングル・アルバムを通じて声優業界の歴代最高位。この記録は現在に至るも破られていません。初動枚数は23,233枚で、これは1位のDEF.DIVAの記録(26,353枚)とわずか3,120枚の差。確かに2位というのは快挙なのですが、あの週の状況なら1位も十分狙えただけに惜しい気がします(運がいいんだか悪いんだか……)。

●紹介ナレーション
「水樹奈々。17歳でTVゲームの声優としてデビューし、その後アニメの世界でも活躍。アキバ系の間で絶大なる支持を得て、カリスマ的存在として確固たる地位を築く。2000年には歌手としてCDデビュー。ここでも着実にファンを獲得し続け、今年の1月にはついに武道館ライブという偉業を成し遂げる。そして本日付の最新オリコンチャートに彼女の12枚目のニューシングルが見事2位にランクイン。今最も注目すべきアーティスト水樹奈々。いったいどんなトークを繰り広げるのか?」

●番組内の出来事
水樹さんが白のワンピースで登場すると同時に「奈々ちゃーん!! 奈々ちゃーん!! 奈々ちゃーん!!」コールで男だらけの会場は猛烈ヒートアップ。本人の紹介映像では、TVアニメ「魔法少女リリカルなのは」の戦闘シーン、武道館ライブの模様、PV映像などが流されました。ダウンタウン両名は、彼女の持つオリコン2位や武道館ライブの実績に感心しきり。

やがてトークは男臭い観客の話題になり、
(浜田)「どうなんですか? 常にこんなんが来るんですか? いわゆるアキバ系……」
観客爆笑。
(水樹)「はい、ライブで盛り上げてくださって、ハイ」
(浜田)「うっとおしいでしょ」
観客爆笑。
(水樹)「そんなこと思ってないです! 思ってないですよ!」
というお約束な流れで進行……。

その後、浜ちゃんに「萌え系決めゼリフ」をフラれ、「ひとしお兄ちゃん、だーいすきっ!」とアニメ声を披露。松ちゃんは思わず「おおーっ! なるほどねー」と感心しつつ微笑(会場は大盛り上がり)。さらにファンからもらったオリジナルのフィギュアも披露(ボトルキャップ大の2頭身萌え造形)。それを見た浜ちゃんは「こんな能力あるんなら、もうちょっとなんか……」、松ちゃんは「このチカラをね、何かに懸けてみないかっていう話なんですよ!」と口惜しそうにコメントしていました。
http://news.livedoor.com/article/detail/3166841/
スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。