・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤ずきんちゃんにでることになった上野樹里さん。

裏の裏があるらしいですよ

チョットたのしみですね。

詳しくはこちら

もが知っているあの“赤ずきんちゃん”を全く新しい物語にした洋画アニメ『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』(10月全国公開)の日本語吹替え収録が5月10日(木)に都内スタジオで行われ、上野樹里、加藤浩次、ケンドーコバヤシがアニメの吹替えに初挑戦した。


 赤ずきんのレッド役の上野は「レッドができてよかった!赤ずきんちゃんっておりこうさんなイメージだったけど、全然そんな感じじゃない。みんな“裏”があるんです」と元気いっぱいに話した。

 また、“狂犬”と呼ばれた加藤はオオカミ役に挑戦し「最近はしまっていた自分の心の中の狼を出したら、それなりにオオカミになった」と満足げ。そして、原作には登場しない探偵の蛙・ニッキーの吹替えを担当したケンコバは「役作りのために、水辺にたたずんでみたり、体にローションを塗ってみたりしました」とボケ、笑いを誘っていた。

 最後に映画の見どころを聞かれると、上野は「全部です!裏の裏がある話なので、最初からちゃんと観て、犯人を捜してください」と自信満々。そして加藤は「この映画は、付き合ってまだ深い関係になっていないカップルや、狙ってる人と観てほしい!(映画を観て)いろいろ深い話ができるはず」と力強くオススメしていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000014-oric-ent
スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。