オレスカバンド・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレスカバンド


 日本人ミュージシャンとして初めて米映画で主演を張る、大阪府堺市在住の6人組ガールズバンド「オレスカバンド」が全国ツアーの東京公演を5日夜、東京・渋谷のクラブクアトロで行った。

 昨年7月にメジャーデビューし、今春高校を卒業したばかり。宣伝用映像が偶然、米映画「ハイスクール・ミュージカル」のプロデューサーの目に留まり大役を任された。ライブ会場はそんな“シンデレラガール”見たさに800人の観客でギッシリ。ギター&ボーカルのいかす(18)は「先のことを考える余裕はありません。撮影が始まったら自分たち次第でどうにかなると思う」と話し、激しいライブを披露した。

 撮影は9月からで、映画のタイトルは未定だが、来年、世界規模での公開を予定。ビートルズが全米進出する際に製作した映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」(邦題、ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!)に似たドキュメンタリー作品になるもよう。“本業”では23日に発売するアルバム「WAO!!」の宣伝で全国を回る一方、映画のサウンドトラックの製作も進行中だ。


http://news.livedoor.com/article/detail/3147650/

オレスカバンドすごいですね。

アメリカの映画の主題歌ですって!

実力がみとめられたんですね。

 

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。