細川ふみえ ・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細川ふみえ 


営業戦略なのか本気なのか――つくづく謎だらけのタレントだ。細川ふみえ(35)のことである。今度はサイパンで“極秘挙式”だとか。しかも、相手は妻子持ち。スクープした「フラッシュ」の取材に相手の男性は「(挙式は)してません。次に出す写真集のために、ウエディングドレスを着せただけ」と答えた。なんだか「話題づくり」のにおいもプンプンだが、それにしても、細川にはこの手の話が多すぎる。

 今さら、ビートたけしや例の大道芸人との経緯を述べて「恋多きオンナ」などと言うつもりはない。問題は「後始末」のつけ方だ。

 細川がたけしとの仲を疑われたのは94年。しばらくは、たけしのバイク事故に遠慮したのか、“交際”に口をつぐんでいたが、03年、自ら暴露小説「万華鏡」を発表した。一応、フィクションの体裁を取っているが、主人公の「わたし」と「芸能界の大スターであるあなた」が細川とたけしを指しているのは誰の目にも明らか。

 

文中では「あなたはそう言うと、わたしの胸に顔をうずめた。小さな子供みたいだと思った」なんて表現も出てくる。出版発表の会見で、記者に「ビートたけしさんのことでは」と突っ込まれると、「そういう読み方もありかなって」とほほ笑んだ。

 大道芸人・ホルス氏との件も同様だ。交際発覚の翌98年、ツーショットで婚約発表し、「00年に挙式する」と宣言した。

 ところが、いつまでたってもズルズル。結局、05年、「婚約解消」を公表した。ここからが細川の“本領発揮”。インタビューのたびに「今でも会ってます」「同じ人に2度目の恋、なんてことも?」と周囲をけむに巻いた。

 その間には、俳優・赤井英和や、IOC委員・猪谷千春氏の長男・隆春氏らとも噂になり、「交際宣言」をやらかしたこともあるが、もちろん成就していない。

【2007年5月2日掲載】http://news.livedoor.com/article/detail/3146961/

細川ふみえってそういう人でしたっけ?

なんかほわ~~んとしていい感じに見えたんですけど・・・

 

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。