007でシンボルマーク・会長のシーンカット・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007でシンボルマーク・会長のシーンカット


(*'ω'*)ん?なんか確執があるようですな。

せっかくなので、出してもらえばいいのにね。

なにをそんなに気に食わないことがあったのか・・。

英国航空(BA)が、機内で上映されるジェームズ・ボンド映画「007/カジノ・ロワイヤル」から、英国内のライバル航空会社であるヴァージンアトランティック航空(VA)のリチャード・ブランソン会長が出演している場面をカットした。4月21日、英国航空広報が発表したもので、それはマイアミ空港でブランソン氏が荷物を金属探知機にくぐらせているわずか数秒の場面のこと。また、 VAの

シンボルマークがある尾翼が映し出される場面も同様にカットする模様。

 「007/カジノ・ロワイヤル」はVAよりロケ地移動用のジェット機を用意してもらったことから、

ブランソン氏のカメオ出演が決まった経緯がある。世界を飛び回り、スーパーカーに乗り、高級なスーツを着て、高級なシャンパンを飲むジェームズ・ボンド映画は、こうしたタイアップが映画の生命線なのだ。

 英国航空広報はカットした理由を「会社の方針」だと説明しているが、ヴァージン航空広報は、カットしたことについて「BAがフィーチャーされた『007/ダイ・アナザー・デイ』の時、われわれは映画に一切の変更を加えていない」と声明。両者の確執がどこまで続くか分からないが、このニュースによって両社の知名度がアップしたことは間違いない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000008-eiga-movi

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。