松嶋奈々子 眉山で・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松嶋奈々子 眉山で


女優・松嶋菜々子(33)が22日、主演映画「眉山」(5月12日公開)のロケ地となった徳島県徳島市を訪れ、エキストラ出演などで撮影に協力した地元市民と交流した。タイトルとなった観光名所、眉山の山頂では500人の踊り手たちが阿波(あわ)踊りでお出迎え。共演の宮本信子(62)、犬童一心監督(46)とともに、つかの間の“里帰り”を楽しんだ。
 「阿波踊り」と「眉山」、徳島の2大シンボルの“共演”に、松嶋ご一行が心を奪われた。ロープウエーで眉山の山頂に降り立つと、待っていたのは500人の踊り手たちによる阿波踊り。サプライズ演出だった“踊りの花道”での熱烈歓迎に、驚きと喜びの表情を見せながら展望台へと向

かい、ロケ地として思い出の詰まった徳島市街地を眼下に見渡した。
 約7カ月ぶりの“里帰り”。松嶋は「やっと帰ってこられました。昨夜はホテルも同じ部屋をとってくださいとお願いして、いろんな思いを巡らせていました」と感慨深げ。
 映画「眉山」は歌手・さだまさし(55)の同名小説が原作で、母と娘のキズナを描いたヒューマンドラマ。松嶋と宮本が母娘役を演じた。昨年8月12日から約1カ月半にわたって、徳島ロケを敢行。クライマックスとなる阿波踊りのシーンでは、演舞場に1万4200人の地元市民がエキストラとして集結し、壮麗な総踊りを再現した。
 最終的には、徳島市全人口の10分の1にあたる、延べ2万人がエキストラとして参加。さらに、ボランティアスタッフなどを加え、3万人を超す市民の協力があって作品は完成した。
 市を挙げての全面バックアップに、松嶋は「コーヒーやお弁当を毎日差し入れてくださったり、人の温かさを感じとれた町でした。皆さんには本当にお世話になりました」と感謝感激。「撮影には徳島の10人に1人の方に参加していただきましたが、映画は10人中10人の方に見ていただきたいですね」と思い出の地に呼びかけた。

そりゃ、相手が松嶋奈々子さんだったら、毎日お弁当でもコーヒーでも差し入れしますってw

でも、よかったですねw
http://news.livedoor.com/article/detail/3131113/

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。