音速ライン ロマンポルノ風過激PV・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音速ライン ロマンポルノ風過激PV


前シングル「みずいろの町」から約10ヶ月ぶりとなるニュー・シングル「真昼の月」を、3月21日にリリース!

今作のPVには、男と女の“真昼の情事”が映し出されている。これから訪れる別れを前に、ホテルで最後の契りを結ぶ男女の姿が、80年代風の映像テイストでドラマチックに描かれているのだ。お色気ショットあり、濡れ場ありのPVならぬAVのようだが、男女の揺れ動く感情や微妙なすれ違いを細かく描いたこの映像は、音速ラインの“切ないだけじゃない、棘の場所”がうまく表現されているといえるだろう

ちなみに、なぜ昭和ロマンポルノ風のPVになったのかというと、“真昼に月を見るのはどんな時だろう”と考えたメンバーと監督が相談した結果、このような映像に仕上がったのだそう。なのでこのPVは、彼らの経験を活かした作品なのかも!? そんな彼らからのコメント映像も、要チェックだ。

◆リリース情報
ニュー・シングル「真昼の月」
【初回盤】UPCH-89001
【通常盤】UPCH-80011
各¥900(tax in) 2007年3月21日発売


PV見てきましたよ。

確かに過激でしたw(*´д`*)ハァハァ

テレビでは流せないよな~。

力強い歌声と切ないようなメロディですごく良いシングルですね。

一度聴いてみてくださいね。

期間限定で視聴できるみたいです。

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/3084692/

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。