映倫に疑問・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映倫に疑問


昨年のアカデミー賞外国語映画賞に輝いたアフリカ映画「ツォツィ」が映倫からR15指定(15歳未満の入場禁止)を受けたことに抗議の意味を込めた、ティーンエージャー向け試写会が7日に都内で行われる。同作は南アフリカを舞台に、窃盗や強盗を繰り返す少年「ツォツィ」が、強奪した車中にいた赤ん坊と暮らすうちに、人生をやり直そうと決意するまでを描いた感動作。

 しかし、電車内で乗客をアイスピックで刺殺するシーンなどが不適切との理由で映倫はR15指定に。配給元の日活は映倫に抗議している。このため人権団体「アムネスティ・インターナショナル日本」などが主催し、R指定の規制を受けない試写会で中学生を含む10代の観客を招待することになった。主催者サイドでは、「子供にこそ、アフリカの今を見てほしい。そして青少年のための鑑賞コードとは何なのかを考えて欲しい」と映倫の決定に疑問を投げかけている。


ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

たしかに難しい問題ではありますが、

実際内容の趣旨ということを考えると

このR15指定というのはどうなんでしょうか・・・。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/3106440/

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。