パリス・ヒルトン 過激な映画・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリス・ヒルトン 過激な映画


パリス・ヒルトンが初プロデュース&主演した映画が日本で緊急公開されることになった。パリスが演じるヒロインは、ゴージャスなブランドの服や高価なアクセサリーを身につけ、学園の女王様としてセレブぶりを発揮する役柄で、まるでパリス自身の日常を垣間見ているかのような設定が話題となっている。しかもその内容があまりに過激でお下劣だったためか、当初は劇場公開する予定がなかったといういわくつきだ。

 パリスは本作でプロディーサーも兼ねているだけに、作品に対する情熱はかなりのもの。ほとんどセルフパロディといえる捨て身の状態で、恋人役には元カレのサイモン・レックスを起用して、熱いラブシーンを披露している。熱烈なキスシーンあり、激しいベットシーンありのやりたい放題で、ここまで大っぴらにしてもいいのか? と心配になるほどの過激ぶりだ。

 

パリス演じる自分大好きなヒロインの過激ぶりもさることながら、作品そのものも相当お下劣で、胸ポロ映像や排泄物の噴射エピソードなどなんでもあり。中でも美女軍団対オタク女子の女子バトルが壮絶で、「パリスたちはいつもこんな日常を送っているのか……大変だな」と勘違いしてしまうほどリアルに描写されている。

 全米ではテレビドラマとして放映された本作だが、日本ではシネマGAGA! のみで単館上映される。本作を観て、パリスの日常に思いをはせるもよし、おバカな学園コメディとして笑うもよし!

『プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国』は3月31日よりシネマGAGA! にて公開。

そんなに過激で下劣なんですかw

いや~

外国のセレブさんはどうも感覚が違うのでしょうか?

日本人にこの映画が受け入れられるかは微妙ですが、

でも怖いもの見たさで見てみたい気もします。w

ま、でもあまりお下劣なのは好きではありません。

(引用:ライブドアニュース)

http://news.livedoor.com/article/detail/3101479/

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。