渡辺謙 原点回帰・旬のドラマ・映画・音楽・アイドル・モデルなどの芸能情報をばっちりスクラップします(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺謙 原点回帰


大作映画への出演が相次いでいた俳優の渡辺謙(47)がテレビドラマに3年ぶりに出演する。フジテレビのドラマスペシャル「星ひとつの夜」で5月25日放送予定。「ふぞろいの林檎たち」(TBS)などで知られる山田太一氏が渡辺を口説き落として、脚本を書き下ろした。渡辺は「大きな作品ばかりが続き、どこに向かうべきか迷っていた」とコメントし、意欲を見せている。

 山田氏の熱意が渡辺の3年ぶりドラマ出演を実現させた。

 山田作品への出演は01年12月の「浅草・花岡写真館」(BSi)以来。山田氏は「以前、ご一緒させていただいた時より、ひと回りもふた回りも大きくなられた。1年以上前の企画段階から渡辺さんにお願いしたいと思っていた」と説明。「映画で忙しくテレビには出られないと思った」というが、昨年秋に面会。脚本の構想を話し、口説き落としたという。

 クランクインは今月29日。「撮影時期が当初の予定(昨冬)よりずれ込んだため、(ドラマ消滅の)不安もあったが、渡辺さん以外には考えられなかった」とも振り返っている。

 一方、渡辺にとっても望んでいたドラマ出演だった。03年の映画「ラストサムライ」以降、国内外に活躍の場を広げ、その後の出演作品は「硫黄島からの手紙」「明日の記憶」など話題作が相次いだ。今年2月のアカデミー賞授賞式にはプレゼンターとして出席。米ロサンゼルスにも住居を構え、日米を行き来する生活を続けるなど、国際派俳優としての活躍が続いている。

ドラマ出演は04年1~3月放送のTBS「砂の器」以来。ドラマ主演はNHK「川、いつか海へ」以来4年ぶりとなる。

 このタイミングでのドラマ出演に「大きな作品が続き、自分がどこに向かうべきか、少し迷っていた。そんな時、この作品のお話をいただき、もう1度原点に戻ってみないかという誘いをいただいた気がしました」とコメント。「セリフにこだわり、微妙な空気をいつくしむ、そんな山田作品を楽しみたいと思っています」と話している。

すっかり国際派俳優になってしまった渡辺謙さん。

「砂の器」に出ていたんですね・・。

あまり思い出せません。

しかし、今年の5月からまたドラマに出てくれるということで

すごく楽しみですね。

私的には「ヤクルト」のCMが印象深いんですがww

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © 芸能センサー All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。